The Fraud Beat 2018 – 最新の攻撃とその傾向

2018年11月15日

脅威は今まで以上に大きくなっています。攻撃者は攻撃の複雑さを新たなレベルに到達させ、犯罪者は不正な戦略においてさらに革新的になっています。サイバー犯罪者は攻撃の精密さとステルスを継続的に向上させるために強力なリソースを持っています。

企業は今まで以上に危険な状況のもとで資産を保護するために、詐欺の最新傾向について学び、最も優れた攻撃でさえも撃退できるよう強固でレイヤーのある防御策を実装するべきです。2018 Fraud Beatは、最新で最も優れたサイバー詐欺の脅威を評価し、企業が自らを保護できるために何ができるか概説しています。

2018 Fraud Beat / 主な調査結果

・フィッシングは詐欺の最も典型的な形態で、サイバーセキュリティの幹部の90%が2017年から2018年の間にサイバー攻撃の対象となったことをレポートしています。

・2017からランサムウェアが229%も急増し、115億ドル以上の損失をもたらすと予想されています。

・バンキングトロージャンは驚異のスピードで進化しており、検知を回避しながら自由自在に移動できる危険な新機能を備えています。

・ソーシャルメディアは引き続き信じられないほど普及し続けています。世界中で30億人以上の人々がこれらのネットワークに毎日アクセスしているため、攻撃者はブランドのなりすましやソーシャルエンジニアリングを通じて標的になり得る被害者を拡大しています。

・データ侵害は新しくはありませんが、不正環境に混乱をきたしていないわけではありません。過去2年間だけで、1300件以上のデータ侵害が公的に報告されており、約30億件の記録漏洩に至っています。

・詐欺と戦うために非常に強力なツールである人口知能(AI)は、今後のセキュリティに恐ろしい脅威をもたらす可能性もあります。サイバー犯罪者がAIを不正目的のために適用した場合、攻撃の効率は最大3000%向上させることができます。

・選挙ハッキングは、国家と結びついていると考えられている攻撃者により選挙を妨害するためにサイバー戦略が利用されます。これらの攻撃者はスピアフィッシングや従来のネットワーク・ハッキングなど様々な手法を利用して民主的プロセスを妨害します。

企業がこれらの攻撃からの保護を可能とする特効薬はありませんが、膨大な数の脅威から組織を守るためにはマルチレイヤーかつフレキシブルなセキュリティフレームが必要です。これらの詐欺傾向とその対策に関して 2018 Fraud Beat をご覧ください。

Cyxtera Technologies, Inc. All rights reserved    I    Privacy Policy    I    Legal Terms