Detect Safe Browsing クライアントレス®

顧客にダウンロードなどの負担をかけずにバンキングマルウェアを検知

Detect Safe Browsingクライアントレスを利用することでサイトのオーナーはman-in-the-browserや不正ウェブインジェクションなどのフィッシングや高度なマルウェア攻撃を特定し、サイトを保護することが可能です。特許取得済のアクティブな監視機能と識別技術は、企業がサイトのホスティング詐欺攻撃が始動する前にそれを検知し封鎖することを可能にします

ゼロデイ攻撃などの標的型マルウェアから保護


不正ウェブインジェクション、クレデンシャル窃取、man-in-the-middle(MITM)、パスワード窃取などの高度な脅威を検知

全顧客ベースを保護


ウェブアプリケーションに変更を加えることなくユーザーに負担をかけず瞬時に統合可能

プロアクティブに攻撃検知


攻撃が起きてから顧客に告知するのではなく、フィッシング攻撃が始動した時点でプロアクティブに攻撃を検知・軽減

マルウェアスナップショット)


Detect Safe Browsing クライアントレスは特許出願中のテクノロジーを利用して、マルウェアが挿入されている全てのサイトのスクリーンショットを瞬時に取得することが可能です。これにより、攻撃の検出精度を高め、フォレンジックを強化します。

リアルタイムな可視化


攻撃データの詳細と一緒に瞬時にフィッシングとマルウェアのアラートを提供します。これには自動応答のため他のシステムから即アクセス可能な被害者の情報が含まれます。また、エンドユーザーログインのためAPI経由でリアルタイムな保護対策を提供します。

24時間高度な分析とモニタリング


当社の最先端のセキュリティオペレーションセンターは常に監視、分析、アラートを行うことで攻撃者に対処します。当社のマルウェアアナリストは高度な検知エンジンにより特定された各攻撃を確認し、自動的にテイクダウンを開始します。

業界最高水準のテイクダウン機能を検知機能に統合


Detect Safe Browsingクライアントレスは単独の検知ソリューションとしても利用できますが、当社の迅速なテイクダウン機能と統合することも可能です。当社のテイクダウンサービスは、広範なIPS、ブラウザプロバイダ、メールプロバイダと当社の信頼されたネットワークを活用しています。

DataSheets

WhitePapers

総合詐欺対策の⼀機能としてのクライアントレスマルウェア検知活⽤