デジタル脅威プロテクション

従来の50%以上脅威を検知し、1/3の時間で封鎖します

外部からの脅威に対する保護対策として積極的な詐欺戦略を取り組むことができます。包括的なカバレッジ、独自の検知技術とインテリジェンス、自動封鎖機能を組み合わせたデジタル脅威プロテクションは、攻撃に対しユニークなアプローチをとります。これにより組織は詐欺を心配せずに、ビジネスに集中できます。

Endorsed by ABA

米国銀行協会(ABA)推奨

優れた可視性


DMARCレポート、迷惑メール、リファラーログなどのデータの統合により、電子メール、ウェブサイト及びソーシャルメディアなど幅広いソースを継続的に分析・監視します。

詐欺検知インテリジェンス


独自の機械学習分類アルゴリズムを使用することで、フィッシングやその他の攻撃の存在を素早く確認します。

迅速な攻撃封鎖機能


客や従業員に混乱を及ぼす前に、特定された脅威を迅速に削除します。

広範なカバレッジ


ウェブサイト、ソーシャルメディア、電子メールソースを広範にカバーし、攻撃が完全に始まる以前に新しく構成されたフィッシング攻撃を検知します。ソーシャルネットワークとドメイン登録を検索し、偽のソーシャルプロファイル、悪質な記載、企業になりすまして顧客情報を不正に搾取を試みる酷似したドメインを見つけ出します。

電子メール詐欺を阻止


ビジネス電子メールの不正及び消費者に対するフィッシングは史上最多になっています。企業間で電子メールの送信者を特定し、不正な送信元から送信された電子メールをブロックするポリシーを実装します。

クラス最高の分析


予測的機械学習などの最先端技術を活用し、悪質なURLを特定し分類します。

当社独自の予測分析についての詳細はこちらをご覧ください

不正モバイルアプリケーション対策


100以上存在する第三者アプリストアから公式アプリを模倣した不正アプリケーションを検知し削除します。これにより、顧客が誤って不正アプリケーションをダウンロードするリスクが軽減されます。

Learn More

クライアントデータソース統合機能を搭載


手動での統合を必要せず、既存のデータソースを活用して可視性を高め、外部の脅威を検知するためにより効果的かつ積極的なアプローチをとります。イージー・ソリューションズ独自のActive Monitoring Script を統合することにより、今まで以上の可視性を得ることができます。

Active Monitoring Scriptについての詳細はこちらをご覧ください >>

盗難カードのため闇サイトをスキャニング


当社独自の脅威監視機能により、闇サイトと呼ばれる制限されたサイバー犯罪ゾーンに侵入し、クレジット及びデビットカードのデータを検索します。これにより不正行為にあった後の被害を積極的に軽減することができます。

包括的・効果的なレポーティング


クラウドポータルが組織全てのデジタル脅威プロテクションのコンポーネントをリアルタイムで表示します。包括的なダッシュボードに、ソース及びカテゴリー別の詐欺の数量、詐欺の削除状況などの脅威のデータが表示されます。ユーザーは電子メールのアラートを設定し、オンラインレポートや印刷レポートを迅速に作成したり、詐欺の封鎖をリクエストすることも可能です。また、REST APIにより、データは他のシステムとも容易に統合されます。

詳細はこちら

DataSheets

お問い合わせフォーム
×