標的型攻撃の対策

顧客が詐欺攻撃にあった際のバックアップ計画は万全ですか?

顧客は常に詐欺による危険と隣り合わせでいますが、デバイスを利用する際、最高のセキュリティを導入しているとは限りません。巧みなソーシャルエンジニアリング技術を操つるサイバー犯罪によって最強の詐欺ソリューションでさえも効き目がないこともあります。組織は単独の詐欺対策レイヤーが回避された際に、攻撃のライフサイクルを通じて脅威を検知・封鎖できる多重の詐欺保護レイヤーが必要になります。

 

どのように顧客を詐欺攻撃によるダメージから軽減させるか:

顧客が十分な対策をしていないときでさえも、安全な取引を提供します

 
 

犯罪者にとって貴社への攻撃がより困難でコストがかかる体制に

脅威のライフサイクルにおける様々なポイントで詐欺を検知することで、
貴社の組織を攻撃者にとってコストがかかる体制にします。サイバー犯罪者のストレスがたまり、
犯罪者をより簡単に攻撃ができるターゲットへ誘導させます。

 
 

エンドユーザーのデバイス上でマルウェアを無効に

エンドユーザーの安全でないブラウジング行動を軽減し、リアルタイムでオンラインとモバイルの脅威をブロックします。柔軟性の高いアンチマルウェアソリューションで、仮にマルウェアに感染したデバイスであっても、安全なオンライン取引を可能にします。

 
 

行動分析により通常の顧客行動との差異を検知

どのように攻撃が行われるか、また他のセキュリティ対策がすでに効き目がある際も、各口座の行動習慣を厳密に精査し、通常とは異なる疑わしい活動を識別します。

 
Go-Down
  • Get Cyber Safe Canada-"http://www.getcybersafe.gc.ca/cnt/rsrcs/nfgrphcs/nfgrphcs-2012-10-11-en.aspx"

  • Norton Cybercrime Report-"http://now-static.norton.com/now/en/pu/images/Promotions/2012/cybercrimeReport/2012_Norton_Cybercrime_Report_Master_FINAL_050912.pdf"

  • Symantec-"http://money.cnn.com/2015/04/14/technology/security/cyber-attack-hacks-security/"